ご挨拶

イーアイホテルシステムズ(EHS)はレジャーホテルの可能性に挑戦します。

田邊社長

代表取締役社長

田邉 建一朗

時代の要請に応えて

今、レジャーホテルを取り巻くビジネス環境は刻々と変化しております。投資ファンドからの要請、それに伴う業務委託、賃貸方式による借り上げニーズの増大など、新しい形でのホテルオペレーションシステムの構築が急務となっています。

そのような時代の要請に応え、ご賛同くださった株主の皆様と一緒に育つことをモットーに、株式会社イーアイホテルシステムズ(EHS)を設立いたしました。厳しい競争社会の中、業界で培った経験を活かし「業界ナンバーワン」を目指して多くの方々と共に、実りある企業として発展させていく所存でございます。

「EHS」に、より一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

サイン

 

 

社長経歴

1948年(昭和23年)

東京都目黒区生まれ
目黒区立油面小学校、私立早稲田中学、早稲田高校を経て

1971年(昭和46年)

慶応大学商学部卒業

1971年4月〜 1973年3月

野村證券株式会社勤務

1973年5月

賃貸情報誌「アパマン」の前身株式会社ハウザーの設立に参加、取締役として業界初の一括借り上げサブリースシステムを開発

1974年12月

不動産売買会社「株式会社リオス」を設立、代表取締役に就任
建売、仲介、宅地開発を手がける

1983年(昭和58年)

株式会社シードの前身株式会社安川総業設立に参加、専務取締役としてレジャーホテル産業へ進出。「ホテルリオス」シリーズを展開し、日本初のホテル部屋別分譲を開発

1988年(昭和63年)

株式会社スカイリゾートを設立、代表取締役としてゴルフ場開発及び経営に進出

1989年(平成元年)

レジャー3部門(レジャーホテル、ゴルフ場、パチンコ店)への進出を果たす

1993年(平成5年)

バブル崩壊に伴い、株式会社リオスが倒産、その責任をとり全ての役職を退任
以後経営コンサルタントとしてレジャー産業のコンサルタントを行いながら、新規事業を研究

2000年(平成12年)

レジャーホテルの証券化スキームを開発

2001年(平成13年)

茨城県大子町「鷹彦スリーカントリークラブ」理事長に就任、ゴルフ会員権預託金返還問題に取り組む

2003年(平成15年)

レジャーホテルのオペレーション会社「株式会社イーアイホテルシステムズ」設立、代表取締役社長に就任

2009年(平成21年)1月

社員・山内和美を代表に(株)ハート・トラストウィンを設立。レジャーホテルの情報管理およびコンサルタント部門の分離独立を実現させる

2009年(平成21年)8月

ホテル事業と伴に医療再生事業を行い(株)イーアイメディカルシステムズを設立。代表取締役社長に就任。医療と介護ビジネスを開始

2009年(平成21年)9月

東千葉のホテルドンキーズジャングルを傘下に収め、全6店舗経営となる

2010年(平成22年)7月

宅地建物取引業者登録

2010年(平成22年)8月

茨城県笠間市ホテルトラストウィンを運営傘下に収め、全7店舗経営となる

2010年(平成22年)10月

増資により資本金1億円となる

2011年(平成23年)4月

医療法人社団健身会こじま桜医院リニューアルオープン